【Trangia】トランギア ラージメスティン

【Trangia】トランギア ラージメスティン

型番 : TR-209

2,750円(税250円)

数量 :
無題ドキュメント
【Trangia】

1925年、トランギア社はJohn E.Jonssonによって創設されました。若い頃から優れた技術と先鋭的なデザイン力を持ったJohnは、農業に従事することから離れ、会社を興します。これが、耐風性に優れたストーブを何世代にもわたり作り続けるトランギア社の始まりでした。当初は家庭用のクックウエアを生産していましたが、1930年代になると労働者の休日が増え始め、余暇を過ごすためのキャンピングギアへの需要が高まります。これを契機にキャンプ料理のための製品開発へと主軸を移すことを決ます。
1938年、Johnの2人の息子OlleとErikが加わります。
そして、1951年にストームクッカーの最初のプロトタイプが開発されます。そのコンセプトは、燃料として最も効率的であった液体燃料を使用し、使いやすくそして、コンパクトで料理がしやすいストーブであることでした。
1970年代、トランギア社にErikの息子、BengtとLennartが加わり、現在はBengtがCEOとして、Lennartが技術開発責任者として手腕を振るっています。このようにトランギアの豊かな創造力は、4世代に渡り引き継がれています。
Trangiaの名称はTrångsvikenという村の名前を語源としています。Trångsvikenの「a」の上の〇マークを取り除き、アルミ製品であることの「in aluminium」から「ia」を追加して「Trangia」とすることをJohnは決めたのです。それからの数十年の間、トランギアの名前は、スウェーデンはもちろん世界中のアウトド ア市場で、最も有名なブランドのうちの1つとして認識され続けています。
トランギアは、経験と能力、そしてモダンなデザインの象徴となっています。トランギアを代表するストームクッカーは、開発、改良を続けること60年が経過していますが、今も90年前にJohn E.Jonssonが創設した時と同じスウェーデンの村で製造され続けています。細かい部分は見直され、改良されてはいますが、オリジナルリティのある巧妙なデザインは、今も多くのユーザーから支持されているストームクッカーの大切なカギとなっています。



【ラージメスティン】


取手付きアルミ製飯ごう(メスティン)です。小物入れにも便利です。熱伝導率の高いアルミ製のため、熱が全体に回り、アルコールバーナーでもごはんが大変美味しく炊けます。

容量:1350mℓ
炊はんの目安:約3.5合まで


Material

Aluminum

Weight

270g
Production made in Sweden

Size
            20.7×13.5×7cm

※サイズ計測の多少の誤差はご了承下さいませ。
※実物の色と違って見える場合もございますので予めご了承下さいませ。